おっさんがアドベンチャーバイクを愛でる記録

KTM降りました。今はX-ADV('21)とADV150を愛でてます。

X-ADV慣らし運転でのんびり走る伊豆1周433km(前編)

にほんブログ村 バイクブログへ  にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

X-ADVの慣らし運転しなきゃーってことで、あいも変わらず伊豆1周ツーリングに行ってきました。ツーリングプランさまさまです。

f:id:off-mono:20211121171552j:plain

それよりなにより渋滞がひどい

首都圏にお住まいの方なら共感いただけると思うんですが、最近の渋滞は酷いもんがありまね。特に緊急事態宣言が明けてからこっち、東名集中工事と重なってホント酷い。例年同月比、格段に酷い。ツーリングに行ったのは2021年11月20日(土)なのですが、朝の6時台からコレです。ただの週末なのにこの時間に渋滞75分って。

f:id:off-mono:20211121171739j:plain

f:id:off-mono:20211121171752j:plain

閑話休題

でも実際に走っていると、「そら事故るわ」っていうくらい酷い運転が多いのも事実。この日も70km/hくらいの渋滞の車列最後尾に、推定100km/h超えで特攻する勢いでフルブレーキかけてる大手カーシェアの車とか、車間距離の感覚が完全に欠落しているんだろうなって間隔で割り込みながら車列をスラロームする「わ」ナンバーのミニバンとか。最近は想像力が欠如したドライバーやライダーが多いですね。人のふり見てなんとやら、私もより一層気をつけねば。

今回のツーリングの最低気温は6度でした

話を戻して。東名も山越えの右ルートに入ったくらいまでは陽も出始めて気温も12度ほどあったんですが、進むに従って1℃、また1℃と気温は下がり。鮎沢SAでは7℃まで下がっていました。集中工事で鮎沢SAに入る特別路が接地されているので走ってみたくて、わざわざ写真撮るためだけに鮎沢SAにピットインしたんですが、この直後、走行中に最低気温6℃をマークしました・・

f:id:off-mono:20211121171851j:plain

御殿場あたりまではレバーに触れた指がグローブ越しにも痛くなるほどの気温でしたが、御殿場JCTから新東名に入って高度を更に上げたらもっと寒くなるかと思いきや、そこは安定の静岡。ぐぐぐっと12℃まで気温が回復しました。やはり静岡は暖かい。

この日の最初の休憩は、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で。

f:id:off-mono:20211121171931j:plain

そうそう、X-ADVといえば「ナンシーおじさんホイホイ」と噂を聞いていたんですが、ここ函南で私も引き当てました。笑
別に私はナンシーおじさん嫌いじゃないんですが(マウントしてくる奴は嫌いですが、運がいいのか1度も出会ったことがありません)、こちらがヘルメット被って、跨って、さぁエンジンかけるぞってときに「これは何シーシーなの?」って話しかけてくるもんだから、「これはナナハンだよ。じゃ、行ってくるね!」って雑に対応してしまいました。。どうせならヘルメット被る前に声かけてよ。。

ETCXはイイぞ!

ここから伊豆を南下しようとすると、面倒くさいのが伊豆中央道修善寺道路の料金所なんですが、2021年の夏頃から「ETCX」なるものが導入されました。まだまだ知名度は低いようですが、ようするにワンストップETCです。

etcx.jp

私は手持ちのセゾンETCカードで登録しておいたんですが、これはいい。あの連続した有料道道路の料金所で小銭を出す必要がないんです。スマートETCのゲートと同じで、ただ止まるだけ。数ヶ月に1度の利用頻度の人でも、あそこを走るライダーは絶対登録するべき。快適度が違います。あとはこれが熱海とか真鶴でも使えるようになれば最高なんですけどねぇ。

ここから写真で振り返る伊豆ツーリング

いつも走る道なので写真メインで。

ETCXで快適に修善寺道路の料金所をパスしたあとは、天城北道路~r59で湯ヶ島を通過。

f:id:off-mono:20211121172133j:plain f:id:off-mono:20211121172154j:plain

そしてX-ADVでは初となる、いつもの場所へ。今日も富士山が美しい。

f:id:off-mono:20211121172220j:plain

山の上で気温は11℃。まずまずの陽気です。

f:id:off-mono:20211121172241j:plain

山を降りて、スタンプラリーのためだけに立ち寄った道の駅「花の三聖苑 伊豆松崎」。

f:id:off-mono:20211121172315j:plain

<長くなってきたので後半に続きます>