オフ者がKTM1090ADV-Rを愛でる記録

アラフォー会社員ライダー。賃貸や集合住宅向け地球ロック用ペール缶アンカー販売。たまにカワサキも愛でます。

KTMパワーパーツTOPケースに鍵付けました

前回のお話

前回書きましたが、KTMPowerPartsで買ったツアラテックのZEGAトップケースはキーシリンダーが無いのがデフォルト状態だったので、慌ててツアラテックでキーシリンダーを買いました。

off-mono.hatenablog.com

 

で、それが土曜日に届いたので、今回は早速付けたよってお話です。

用意するもの

  • さっき届いたキーシリンダー2つ
  • ご家庭にあるネジロック剤
  • モンキーレンチ、またはウォータープライヤー
  • トルクスT15H

これだけです。

たぶん、ネジロックとかモンキーとかウォータープライヤーはどのご家庭でもありそうですが、トルクスって微妙な気が。

 

↓トップケース開閉用のキーシリンダ取付説明書(1枚)

f:id:off-mono:20180319160734j:plain

 

↓トップケース脱着用のキーシリンダ取付説明書(2枚)

f:id:off-mono:20180319160757j:plain

f:id:off-mono:20180319160802j:plain

 

脱着用の説明書の冒頭「1」で、サラッと2本抜かれているのがトルクスです。

いや、まぁ箱見てれば事前にわかるって話だけど、こんなとこにトルクス使ってるなんて思わなかった。(たまたま昔使ったトルクスレンチセットがあって助かった)

ちなみに作業自体は全体的に大したことないので両方で30分もかからない程度ですが、脱着用キーシリンダをつける最後の最後、「10」~「12」の作業がちょっと面倒くさいので、ここだけ2人でやれるともっと早いです。

1つだけ問題(?)も

開閉用キーシリンダ(矢印のところ)には縦方向にポッチというか出っ張りがそれぞれあって、取説ではそれを受けるトップケースのラッチ側にも切り欠きがあるんですね。

f:id:off-mono:20180319161641p:plain

なんだけど、実際にトップケースのラッチを見ると、この切欠きが右上・左下の斜め方向に入ってて、キーシリンダ側のポッチと場所が違うのです。

で、とりあえずポッチを無視してそのまま軽く締め込んだんだけど、当然ながらポッチがあるのでその分隙間が出来ちゃうんですよ。

 

ツアラーテックさんに聞いたけどパーツ自体に不備はない(いつも通り)って話でしたが、実店舗に来てくれたら見てみますよー(必要なら調整も)とのこと。

というわけでそのうち遊びに行った際にでも相談してみます。